後遺障害の認定とは

交通事故などによる後遺症が残ると、その症状が感知するまで保証して欲しいのが被害者の願いです。しかし、完治していない状態であるにも関わらず、保険会社の対応が適切ではないと問題視する被害者が多いと言われています。そこで、このサイトでは後遺障害をしっかり把握する重要性を取り上げています。満足のいく治療を受けるために役立つ情報となれば幸いです。

怪我などの不調があると病院に通いますが、症状を確認して「症状固定」と判断するのは医師が担当しています。その上で「後遺障害診断書」を作成し、保険会社に提出します。さらに保険会社では自賠責の調査会社を利用して、「後遺障害等級」を決定します。このようにして、被害者が受けられる保証額の決定が行われています。

医師と患者の間の意思疎通がうまくいかなければ、症状固定に納得できない状況が生まれます。さらに意思疎通が出来ていて残存症状を訴えていても、保険会社の後遺障害等級認定に納得できない状況が生まれる可能性もあります。納得できない場合、2段階の異議申し立てが可能となるので、このサイトにも交通事故による後遺症の障害認定に関する情報を掲載しています。

後遺症には様々な症状があり、それによって生活の不便さを感じる度合いも異なります。可能な限り治療をしたいと望んでいても、対応してくれない場合も現実にはあるでしょう。被る被害を最小限にするために、治療が必要で、その治療には費用が掛かります。自分自身が損をしないためにも、後遺障害をしっかり把握することが重要な鍵となるでしょう。

About the author

カレンダー

2016年9月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930