後遺障害への異議

医師によって後遺障害診断書が作成され、書類一式に不備がなくても保険会社の後遺障害等級に納得できない方が目立っています。保険会社によって、該当するのか非該当なのかを判断していますので、保険会社と被害者の見解の相違が生じるからです。しかし、この場合は、後遺障害等級異議申し立てによって、審査機関の判断を仰げます。

異議申し立てには、初診からの診断書や医療費に関わる明細書、後遺障害診断書、保険会社から届いた認定結果の書類、そして症状固定となった際の検査画像などを用意して、再度審査するように申し出することが可能です。ただし、異議申請書の作成などが難しいため、専門家に依頼をする人も増えています。

さらに異議申し立てをした結果にも納得できない場合は、紛争処理機構に申し立てを行い判断してもらう方法があります。独立した組織が最終的な判断をすることで、自賠責調査とは異なる判断が得られる可能性もあるからです。

トラブルを生まないためには、残存する症状を医師に理解してもらうことも重要なので、診察や検査の際には自身の症状を明確に伝えることにも配慮しましょう。体に起こる症状や不調は、本人にしかわからない問題も多いので、第三者である医師に伝えなければ診断書への記載は難しいと考えて構いません。医師との情報共有も大切にしましょう。

後遺障害の医師認定

後遺障害に関わる判断で重要なキーワードとなるのが、「症状固定」です。医師が認定する後遺障害の状態を示すもので、治療をしてもこれ以上は変化がないだろうと判断された場合に症状固定が決定します。この段階になって初めて「後遺障害」に対する請求を保険会社に行うのが一般的です。後遺障害認定書が医師によって発行されるので、必要な書類を添付して提出します。

後遺障害等級の認定に欠かせない診断書となるため、医師には現在残っている症状と、その症状が継続する点に関して記載してもらう必要があります。医師と患者の意思疎通が最も重要となるので、事故などに遭って損害を請求するなら、信頼できる病院を選ぶ必要があります。

交通事故で起こりやすいむち打ち症でも、一般的には6カ月程度が経過して症状の変化が見られなくなると症状固定と判断する可能性が高くなっています。後遺障害等級が決定すると、その日以降の問題に関しては損害賠償請求対象外となるので、判断が難しい問題として取り上げられています。

後遺障害は1~14級まであり、単純に比較すると14級の保険金額は75万円程度が支払われ、1級では4000万円の保険金を妥当とするなど大きな差があります。該当する症状にも違いはありますが、認定によっては納得できない保証額になるリスクがあります。

後遺障害の認定とは

交通事故などによる後遺症が残ると、その症状が感知するまで保証して欲しいのが被害者の願いです。しかし、完治していない状態であるにも関わらず、保険会社の対応が適切ではないと問題視する被害者が多いと言われています。そこで、このサイトでは後遺障害をしっかり把握する重要性を取り上げています。満足のいく治療を受けるために役立つ情報となれば幸いです。

怪我などの不調があると病院に通いますが、症状を確認して「症状固定」と判断するのは医師が担当しています。その上で「後遺障害診断書」を作成し、保険会社に提出します。さらに保険会社では自賠責の調査会社を利用して、「後遺障害等級」を決定します。このようにして、被害者が受けられる保証額の決定が行われています。

医師と患者の間の意思疎通がうまくいかなければ、症状固定に納得できない状況が生まれます。さらに意思疎通が出来ていて残存症状を訴えていても、保険会社の後遺障害等級認定に納得できない状況が生まれる可能性もあります。納得できない場合、2段階の異議申し立てが可能となるので、このサイトにも交通事故による後遺症の障害認定に関する情報を掲載しています。

後遺症には様々な症状があり、それによって生活の不便さを感じる度合いも異なります。可能な限り治療をしたいと望んでいても、対応してくれない場合も現実にはあるでしょう。被る被害を最小限にするために、治療が必要で、その治療には費用が掛かります。自分自身が損をしないためにも、後遺障害をしっかり把握することが重要な鍵となるでしょう。

カレンダー

2016年9月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930